topTOP キャリア 仕事が評価されない!転職を検討したほうが良いのはこんな人

仕事が評価されない!転職を検討したほうが良いのはこんな人

仕事が評価されない!転職を検討したほうが良いのはこんな人

キャリア 2020.10.15

この記事は、「仕事が評価されないので転職したい!」という人に向けて書きました。

仕事を頑張っているのに評価されないと、「悔しい」「落ち込む」「やる気がなくなる」 「辞めたい」などの悩みが発生し、「転職」を検討する人もいるでしょう。

ただし、転職が適切かは状況によって違います。

そこでこの記事では、どんな場合なら転職を検討したほうが良いのかを解説していきます。

また、転職活動をする際には知っておかないと損なサービスがありますので、その点についてもお伝えしていきます。

この記事を読んで転職すべきかどうかを判断し、転職するなら有利に転職活動を進め、あなたのことをきちんと評価してくれる環境で働けるようになってください。

仕事が評価されないとき転職を検討すべきなのはこんな人


仕事が評価されないとき転職を検討すべきなのは次のような人です。

  • 会社や上司に問題がある人
  • 仕事が自分に合っていない人

上記の場合、いくら頑張ったとしても評価される可能性が低いため、転職をおすすめします。

それでは、それぞれのケースについて詳しく確認していきましょう。

会社や上司に問題がある人

会社や上司に問題がある場合とは、「正当に評価する気がない」ケースです。

まともな会社や上司であれば成果を上げたり、努力したりすれば評価をしてくれます。

しかし、最初から評価する気がない悪質な会社や上司も存在するのです。

いわゆる「ブラック企業」ですね。

そうした会社や上司のもとでいくら頑張っても評価を得ることはできないため、転職をしたほうが良いです。

仕事が自分に合っていない人

仕事が自分に合っていない場合、成果を出すのが難しいため、評価を得られない可能性が高いです。

人には向き不向きがあるため、仕事が合っていないと人並み以下の成果しか出せないことがあります。

人並み以下の成果しか出せないと、会社や上司の「評価基準」をクリアできないことが多いです。

不向きなことにいくら力を注いでも人並み程度にしかならないため、思い切って自分に向いている仕事に転職するのをおすすめします。

転職活動する前に仕事が評価されない原因を知っておく


転職活動する前に仕事が評価されない原因を知っておかなくてはいけません。

仕事が評価されない原因を知らないと、「転職先でも評価されない・・・」という事態が発生してしまうことがあるからです。

せっかく転職した意味がなくなってしまうため、次章の解説をしっかり確認しておいてください。

会社や上司の要求を汲み取れていない

本人はしっかり仕事ができているつもりでも、会社や上司の要求を汲み取れていないケースがあります。

たとえば、上司から「なるべく早めにお願い」と仕事を与えられたとき、そこには「最優先でしてほしい」という要求が込めらていることがあります。

それにも関わらず、「できる範囲で早めにすれば良いのか」と勘違いしてしまうと、上司からすれば「どうしてもっと早く終わらせてくれないんだ」と不満が生まれかねないです。

仕事には求められるポイントがありますので、会社や上司の要求を汲み取れないと評価はされません。

対策

仕事を与えられたら、どのようなことが求められているのかを常に考えるようにしましょう。

「この仕事を与えられたのかはなぜなのか?」という部分を考え、求められていることを達成できるようにするのです。

会社や上司の考えとズレがおこらないように、しっかりコミュニケーションをとりながら仕事を進めていくことも重要です。

会社や上司の期待値に達していない

会社や上司に期待されている人の場合、人並み以上に成果を上げないと評価されないことがあります。

たとえば、学歴や職歴が良い人ですね。

そうした人は期待値が高いため、最初から高いハードルを設定されてしまい、それを乗り越えられないと、「思ったよりも仕事ができないな」と思われてしまうのです。

対策

会社や上司からの期待値が高い場合、相当頑張って成果を出すしかありません。

与えられた仕事はすべて全力で取り組むようにしてください。

言われたことしかやっていない

言われたことしかやっていない人は評価されにくいです。

社会人として言われたことができるのは当たり前であり、評価の対象にはならないからです。

とくに「指示待ち人間」と呼ばれる、上司から仕事を与えられない限り動かない人は、まず評価されません。

対策

与えられた仕事に関して、気づいたことや「もっとこうしたほうが良いかも?」という部分があれば、会社や上司にどんどん相談しましょう。

また、上司から仕事を与えられなくても自分から能動的に動いて仕事をしてくことも大事です。

周りに迷惑をかけている

素行や言動に問題があるなど、周りに迷惑をかけている人は評価されません。

職場の雰囲気が悪くなったり、社員のモチベーションを下げたりするからです。

対策

普段の行動に気をつけ、社会人として最低限のマナーは守るようにしましょう。

たとえ自分が大きな成果を上げたとしても有頂天になり、他人を馬鹿にしたり、問題のある行動をとったりしてはいけません。

ネガティブ思考である

ネガティブ思考の人も評価はされにくいです。

ネガティブ思考の人は精神状態によって仕事の質が変るケースが多く、安定した戦力として計算しにくいからです。

また、社内の雰囲気を暗くする原因にもなるというのも理由のひとつです。

対策

ネガティブな感情はなるべく表に出さないようにしましょう。

愚痴や不満、不安といったものは何も生み出しませんし、聞いているほうからしても良い気分がするものではありません。

表に出すなら、ポジティブな感情を中心にしたいです。

転職活動をするなら「転職エージェント」に相談


転職活動を有利に進めるために知っておくべきことがあります。

それは「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントとは、転職者の相談に乗り、適切な求人を紹介してくれるサービスです。

そんな転職エージェントには次のようなメリットがあります。

メリット

  • 転職のプロに相談できる
  • 自分の経歴やスキル、希望条件に合った求人を紹介してもらえる
  • 一般公開されていない「非公開求人」に応募できる
  • 企業の社風や雰囲気などのリアルな情報を教えてもらえる
  • 履歴書や職務経歴書、面接のアドバイスを受けられる
  • 企業との日程調整や給与交渉を任せられる
  • 無料で利用できる

転職エージェントには上記のようなメリットがあるため、様々な点で転職活動が有利になります。

とくに転職のプロに相談しながら転職先を探せますので、「せっかく転職したのに思ったのと違った・・・」といった失敗を防ぎやすいのが大きなメリットです。

おすすめ転職エージェント3選

この章では、おすすめ転職エージェントを3つ紹介しておきます。

紹介中の転職エージェントとはどれも優れたサービスを提供しており、口コミでも高評価ですので、登録を検討してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチへの登録はこちらから

ビズリーチは取り扱い求人のほとんどが年収600万円以上である、ハイクラス向けの転職エージェントです。

高額求人が非常に多いため、「年収をアップしたい!」という人にはかなりおすすめです。

また、他の転職エージェントとはことなり、「ヘッドハンター(企業に人材を売り込む人)」や「企業の人事担当者」からスカウトを受けるという形になります。

そのため、登録だけしておいて良さそうなスカウトがくるまで待つという使い方もできます。

ビズリーチについては、「ビズリーチに登録すべき人の5つの条件~こんな人は会員登録がおすすめ 」でも詳しくお伝え中です。

マイナビエージェント


マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代~30代の求人に力を入れている転職エージェントです。

20代~30代のIT業界・メーカーの求人に強いのが特徴であるため、そうした求人を求めている人に最適です。

また、カウンセリングが丁重であると口コミでも評判です。

キャリアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれるため、転職の悩みや不安を解決しやすいかと思います。

マイナビエージェントについては、「マイナビエージェントの評判と活用のコツ【20代筆者が面談して検証】 」でも詳しくお伝え中です。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数と転職実績が業界NO.1という特徴がある転職エージェントです。

転職業界の最大手である「リクルートグループ」のサービスであるため、求人数と転職実績に関しては他社よりも優れています。

他社よりも沢山の求人に出会え、豊富な転職実績による的確なサーポートが受けられるのがメリットです。

リクルートエージェントについては、「大公開!リクルートエージェントの口コミ・体験談【転職成功者3人が語る】 」でも詳しくお伝えしています。

番外編:ミエルカコネクト

ミエルカコネクトは、Webマーケティング職に特化した業務委託マッチングサービスです。

業務委託なので転職しなくても他社の案件に関われるため、転職前の実績作りや、副業にも利用できます。

Webマーケティング職でキャリアアップを考えているなら、転職までは考えていない人にもおすすめのサービスです。

ミエルカコネクト

転職エージェントは複数社に登録するのが基本


転職エージェントは複数社に登録して利用するのが基本です。

複数社に登録すれば、次のようなメリットを得られるからです。

  • 1社よりも多くの求人を確認できるので、企業選びの幅が広がる
  • 転職エージェントごとに得られる情報が違うので、様々な角度から企業選びができる
  • 自分に合ったキャリアドバイザーに出会いやすくなる
  • 複数のキャリアドバイザーに相談することで、違う視点からアドバイスが受られる

上記のように、1社にしか登録しなかったときでは得られないメリットが多くあります。

このため、転職エージェントは複数社に登録する人が多いです

実際、「リクナビNEXT」の調査でも、多くの人が複数社の転職エージェントに登録しているデータがあります。

複数社に登録することは一般的なことですので、なるべく2社以上の転職エージェントに登録しておきたいです。

まとめ

仕事が評価されないときの対策

  • 仕事が評価されない場合、転職を検討したほうが良いのは「会社や上司に問題がある人」と「仕事が自分に合っていない人」
  • 転職する前に仕事が評価されない原因を把握しておく。そうしないと転職先でも評価されない事態になることがある
  • 転職する際は「転職エージェント」に登録する。そうすることで転職活動を有利にできる
  • 転職エージェントは複数社に登録して利用するのが基本なので、なるべく2社以上に登録する

pagetop