topTOP インタビュー アフロマンス流アイディアの出し方と鍛え方  パーティークリエイターの生存戦略② Afro&Co.代表 アフロマンスさん(34歳)

アフロマンス流アイディアの出し方と鍛え方
  パーティークリエイターの生存戦略② Afro&Co.代表
 アフロマンスさん(34歳)

インタビュー 2019.09.12

人工知能が発達し、「クリエイティブ」や「デザイン」といった考え方が重要視されるようになった。

今回は、アイディアで非日常体験を生み出しているパーティークリエイターのアフロマンスさんにお話を伺った。アフロマンスさんは、クリエイターとして新感覚の体験型イベントや空間プロデュース、メディアやSNSの情報設計など幅広く活躍されている。
ご存知の方も多いかもしれないが、泡にまみれて踊る泡パーティー「泡パ®」や、最近では血と薔薇をテーマにしたイマーシブレストラン「喰種レストラン」を企画し、どちらも大きな話題となった。

そんなアフロマンスさんに、①自分の好きなことで食べていくコツ、②アイディアの鍛え方、③これからの時代に必要な能力の3点を中心に伺った。

 

「『好きなこと』で食べていく方法と『小さな好き』の育て方」 パーティークリエイターの生存戦略①はこちら

「数字に囚われた時代から『自分が何をしたいのか』問われる時代に」 パーティークリエイターの生存戦略(3)はこちら

 

 

ビジネスでのアイディアの実現=ハードル競争

経歴

広告会社を経て、独立。株式会社Afro&Co.を立ち上げ、代表を務める。
パーティクリエイターとして、新感覚の体験型イベントや施設の企画・監修・制作などを行う。
これまでに、「泡パ®」や「喰種レストラン」以外にも、ハウスに合わせてマグロをさばく「マグロハウス®」、120万枚の花びらに埋もれるチルアウトバー「SAKURA CHILL BAR by 佐賀」など、様々なユニークなイベントを仕掛け、大きな話題となった。
「世の中に、もっとワクワクを。」という理念を掲げ、理屈を超えた、新しい体験づくりを追求している。

―第1回では、「好きなことで食べていくには」というお話を伺いました。中編ではアイディアの出し方、鍛え方についてお伺いしたいです。
アフロマンスさんは学生時代からアイディアにあふれている方だったのですか?

学生時代、自分のことをアイディアマンだと思っていました。

ただ、学生と社会人ではアイディアの意味合いが全然違います。

学生の頃は、「自分たちがやりたいイベントの企画を考える」とか「好きなことのメディアを立ち上げる」等だと思いますが、大きな予算を動かす訳ではないし、利害関係者もそんなにいないですよね。

つまり、よくも悪くも「好きなことをやっているだけ」と言えます。社会人はそうではなくなるので、つまずく人が増えます。

 

―どう違ってくるのですか?

社会人になるとアイディアが実際の形になるまでに、たくさんのハードルがでてきます。

要は、条件がすごく増えるということです。

例えば、「クライアントのニーズに合うのか」「担当者が上司に上げられるものか」「締め切りに間に合うのか」等々…。

 

見晴らしのいい草原を思うままに走っていた学生時代に比べて、社会人は沢山のトラップが仕掛けられているジャングルを走るような状態に変化するわけです。

ここにつまずく人が多い。

 

ただ、これは経験を重ねていけば超えられるようになります。

トレーニングを重ねていけば、「このハードルはこう超えて」「ここはこう超える」というやり方が分かってきます。

何の制約もなくアイディアを出すことと、実際の社会でビジネスとしてやるときの違いを理解すること。

そして、ハードルの中を、全力で走れるようにならないといけません。

 

そんなハードルだらけの中で、アイディアなんて出すのは困難ですよね。

ハードル競争でも頭で考えるよりも、ひたすら走りこむと無意識に全速力で走れるようになる。

だから、大手の広告会社だと「100案出せ」と言われます。そのうち1本使えるかどうか。それだけ素振りというか、打ち込みをしないとハードルを越えてアイディアを出す感覚が身につかないのです。

アイディアを出して実現させるためには、そんなトレーニングが必要になってくるわけです。

 

アイディアを使えるようにするには練習しかない

―今のお話に関連して。
アフロマンスさんのブログの中で、「アフロ流 アイディアの出し方」という記事を書かれていました。
この記事では、アイディアを出すためには、以下の3つが重要だと言われていますよね。
① アイディア勝負の場に身を置くこと
② 色んなアイディアの形を知ること
③ トライ&エラーを繰り返すこと

そうですね。

アイディアを出すやり方として「違うものを掛け合わせる」などの手法の話になりますが、アイディアの本質ではないと思います。

広告会社では「AとBを掛け算することで、Cというアイディアが生まれた」といった成功事例の分析をよくやっていますが、分析できる人が実際そういったアイディアを生み出せるかというと生み出せないことが多い。

メソッドを分かっていても、実際には使えない場合が多い訳です。

 

アイディア出しは、ダイエットと似ています。

ダイエットで大事なことは、どうしたらダイエットを継続できるのか、本当に痩せられるかという話ですよね。

例えば、「炭水化物を取らなかったら痩せます」という知識があっても痩せません。

「それはわかるけどできない」という人多いじゃないですか。

「それをどうやったらいいの」という問いに対する解の一つは、「ライザップ」ですよね。マンツーマンで管理されることで、糖質を取らないように継続できて、ダイエットに成功できる。

だから、知識があるだけでは不十分で、そういう場所に身を置いて、自分がやらざる得ない状況をつくり、それを経験として蓄積することが大切だと考えています。

 

―①の「アイディア勝負の場に身を置く」というのは「もう広告会社に入るしかないのでは…」と思ったりするのですが…

いやいやそんなことないですよ。

例えば、面白いと思っているクリエイターを訪ねて、関わっているプロジェクトに参加させてもらうとか。

 

―アフロマンスさんのところにも来られますか?

結構来ますよ。

面白いクリエイターに限って、インターンとか弟子とか募集していないと思いますが、募集していないのに「自分から能動的に訪ねられるか」はポイントな気がします。

例えば、そこにいる立野君は「働かせてください」と長文メールを何回も送ってきたのですが、一回会いましたが、その後、しばらく連絡をしていませんでした。

そうしたら、「月曜日の朝からオフィスの前で待たせてもらいます」みたいな連絡がきて、採用するしかないなと思いました。笑

それくらいの勢いで来られると、「ちゃんと面倒見てやろう」という気にもなります。

社員として雇ってくださいじゃなくても丁稚奉公みたいに、プロジェクトやイベントのお手伝いさせてくださいとか言えば、何かしらの形で身を置けると思います。

笑顔の立野さん

―アイディア勝負の場の質、が大切だということでしょうか。

なんとなく飲み友が集まってアイディアを出す場と、クリエイター達が集まってアイディア出す場では、やはり質が違います。

僕は前者でも後者でもいいとは思いますが、より茨の道と言うか、過酷な場を求めるなら、そういうプロフェッショナルたちが集まる場に、いかに入っていくかが重要だと思います。

 

―アイディアの鍛え方・磨き方がよく分かりました、ありがとうございます。次回は「これから来る新しい時代」についての話です。

 

「『好きなこと』で食べていく方法と『小さな好き』の育て方」 パーティークリエイターの生存戦略①はこちら

「数字に囚われた時代から『自分が何をしたいのか』問われる時代に」 パーティークリエイターの生存戦略(3)はこちら

pagetop