topTOP 面接対策 【元転職エージェントが語る】転職こそ自己PRが重要!受かるポイントを押さえた書き方とは

【元転職エージェントが語る】転職こそ自己PRが重要!受かるポイントを押さえた書き方とは

面接対策 2019.10.01

自己PRと聞くと、新卒の就活の時に用意したことを思い出す人も多いのではないでしょうか。

転職面接の場合、退職理由や志望動機に埋もれて存在感をなくしていることも多い自己PRですが、実はとても重要な役割を担っています

この記事ではその理由と転職面接で受かる自己PRを作る方法、自己PRのNG例などをご紹介していきます。これから転職面接に挑む方はぜひ参考にしてみてください。

なぜ自己PRが転職面接で重要になるのか

面接で自己PRする男性

転職面接に自己PRが重要なのは、下記3つのポイントを見るためです。

①入社の意欲があるかの確認

転職面接で自己PRが必要な理由、1つ目は入社意欲があるかの確認をするためです。

自己PRは自分の能力と経験が志望先企業で活かせるポイントをまとめたもの。つまり、企業側が候補者を判断するのに必要な、「その企業で実際に働くイメージができているか」「企業理解があるか」「自分の経験とその会社がマッチするポイントを理解できているか」「どんなことに意欲を燃やしているのか」などを見ることができる質問項目です。

新卒の就活の時には業務経験がないため、候補者側も企業側も深くイメージできないことが多いでしょう。しかし、転職面接の場合、企業側は「入社後に即戦力として働いてもらうことを前提」としたケースが多いため、上記のようなポイントを確認する必要があるのです。その企業のことをどの程度本気で考えていることが伝わる自己PRができれば、入社意欲の高さをアピールできるでしょう。

②候補者が会社に貢献してくれるかの確認(スキル・経験)

次のポイントは、候補者が会社に貢献してくれるかの確認です。

企業側は「入社後、どのスキルを活かせるかイメージできているか」「会社の求める人材像の理解度が高いか」などを見ています。候補者自身が「自分の能力・スキルをどう活かせば活躍できるのかをイメージできている」「会社が求める人物像の理解度が高い」場合、何が不足しているかを入社前に把握し、準備を進めておくことが可能です。

面接の時点で準備できていれば、企業側から「入社後の将来も有望な人材だ」と思ってもらえるでしょう。企業としても目標を自分で設定して動ける人の方が圧倒的に成長することを見込めるため、自己PRの時点でそれを感じさせてくれる人を採用したいと考えるのは当然です。

③社風に合う人柄かどうかの確認

最後のポイントは社風に合う人柄かどうかの確認です。

優秀であっても周囲の人と相性が合わない場合、認識のズレなどが起こりやすく仕事の効率が下がる場合も多いです。「雰囲気やスピードが合うか」「他の社員とマッチしそうか」「配属予定部署との仕事のマッチング度合いはどうか」などが見られる自己PRを聞けば、これらを判断することができるでしょう。

ご紹介した3つは、いずれもミスマッチを起こさないために非常に重要な項目です。転職ではスキルや志向性も定まっているため、合っているかを確認しないと退職・転職を繰り返すことになります。お互いにとってマイナスが大きい事態を招いてしまうため、そうならないためにも自己PRが重視して準備を行いましょう。

転職面接で受かる自己PRの書き方

ノートに書き込む人

では次に、転職面接で受かる自己PRを書くための6つの手順をご紹介します。

①スキル・経験・評価の棚卸し

まずは候補者自身が自分の身につけたスキル、経験したことや実績、評価などを正しく振り返ることからスタートしましょう。多くの人が日々忙殺されて、「今年の1年間は何を身につけられたか」と振り返れていないのではないでしょうか。そのままだと転職でアピールすべきポイントが不明確な状態で面接に挑むことになるため、実力を発揮できない可能性が高いです。

  • 入社当時から1年単位で何を身につけられたか
  • 他者からどんな評価を受けたか
  • どんな経験ができたか

などを正確に棚卸しして、自分を過大・過小評価せず、等身大で捉えるようにしましょう。

②綿密な業界・企業研究

転職面接ではあまり重要性を感じる人も少ないかもしれませんが、実は業界、企業研究が意外に不足している転職希望者も多いです。業界・企業研究を怠ると、志望先企業の事業戦略を読み違え、同時に事業戦略を基にして作った求める人物像にもズレが生じてしまいます

自己PRは「自分こそが御社の求める人物像である」と伝えるものですから、ズレが生じると的外れな自己PRをして落選する危険性もあります。求める人物像が実際とマッチした内容にするためにも、改めて行うべき項目といえるでしょう。

③業界・企業研究から求める人材像の絞り込み

次に、業界・企業研究から求める人材像の絞り込みを行いましょう。企業ホームページに載っている理念・事業戦略・財務(IR)・人員の情報などを把握し、企業としてどの方向に向かっているのかをよく把握したら、企業が主張している「求める人物像」情報と照らし合わせてみてください。

照らし合わせた時に、「こういう方向性だからこの能力が必須になるのか」と納得できるかどうか、そして「業界二番手で今◯◯分野に力を入れているからこんな人が求められているはず」などと推測するようにしてください。単に求める人物像に合わせてアピールするだけでは、他の候補者との違いを出すことができません。違いを出すためにもこのステップを省略せず、次のステップに進みましょう。

求める人材像に基づいて棚卸しした実績・評価を選ぶ

求める人物像を絞り込んだら、最初に棚卸しした実績・他者からの評価でアピールになりそうなポイントを選んでいってください。先程推測した、「業界二番手で今◯◯分野に力を入れているから」という情報を基に、「入社3年目から2年間経験した◯◯の能力が活かせる」などを当てはめていきます。この時点でいくつかピックアップしておけば、面接の流れでどれを出すかを決める、あるいは志望動機・自己紹介などで言っていない要素があれば自己PRにそれを使うなど、臨機応変に対応できるようになります。

実際に働くシーンで具体的なエピソード化

次に、その経験での成果にプラスして「自分がどのような点に配慮して実行したのか」「苦労した点をどう攻略したのか」などの具体的なエピソードを、求める人材像に合わせて盛り込んでください。そうすると、現職と業界が違ったとしても即戦力として働ける印象をつけることが可能です。先程想定した「志望先企業の場合はこの点を特に重視するだろうから、このように動こうと考えている」など、働くシーンを具体的に描くとより効果的です。

1分、3分程度にまとめる

ここまでできたら、最後に1分、3分程度の文章にまとめておきましょう。自己PRでは1分程度、3分程度で話すこともあるため、どちらでも話せるよう準備しておくようにすると、面接でもスムーズです。参考に1分の場合の例文をご紹介します。

<例文>小売の店舗運営スーパーバイザーから製造販売の営業へ

前職では小売業界で東京23区内の店舗運営にスーパーバイザーとして3年携わり、東京23区内でも常にトップ3の成績を収めました。
地域に特化したメニューやキャンペーンなどで担当店舗に売上を立ててもらうために、店舗ごとの特徴やオーナーの得手不得手などを把握し、各店ごとの戦略を構築したことですべての店舗の目標を上回ることができました。

定期的なコミュニケーションから特性を見抜き、その店舗の長所を伸ばす販売戦略を立てる能力は、御社の製造販売営業としても役立てられると思っております。
特に今回募集していらっしゃる◯◯分野では、競合から一歩抜きん出るために販売店様の協力を得ることが重要だと感じております。前職で培った販売戦略構築、販売店様との連携で成果を上げた経験を、ぜひ御社で活かせればと思っております。

自己PRのNG例

「STOP」の標識

最後に、意外と見逃しがちな注意点や自己PRのNG例をご紹介します。

企業ごとに変えていない

企業ごとに変えていないという自己PRは、まずNGです。
なぜなら、人がそれぞれ違うように、企業もまったく違うものだからです。大切にしているポイント・業界内でのポジション・会社にいる人など、すべてが違います。

先程の手順でご紹介したように、その企業の事業戦略に基づいて求める人物像が決まっているわけですから、同じ自己PRでは的外れになる場合が多いでしょう。企業ごとに一番求められる部分と自己PRで伝えられるよう、必ずカスタマイズしておきましょう。

実績のみで具体的なエピソードがない

実績のみをアピールする自己PRでは、2つ問題が生じます。1つは、実績がどの程度すごいのかがわかりづらいこと、そしてその実績の中であなたの貢献度がどの程度なのかわからないことです。実績だけを伝えるのではなく、一般的なレベルと比較してどの程度すごい実績なのかが伝わるようにする、そしてどのような役割を担い、何に苦労してどう克服したのかを伝えるようにしましょう。

そうすればあなたの能力を正しく把握してもらえます。自己PRが重要なのは、等身大の自分がどういう能力を持っているのか、それがどれほど志望先企業にフィットしているのかを伝えることです。過大評価では入社後お互いに苦しみますし、過小評価では合格が遠のいてしまいます。見逃しがちなポイントをよく理解し、自己PR作成に取り組んでみてください。

自己PRを完璧にして面接を突破しよう!

転職面接ではあまり重視していない人も多い自己PR。しかし、企業側の求める情報がしっかり詰まっていることが、おわかりいただけたのではないでしょうか。社会人経験があるから大丈夫と簡単に考えることなく、実績の棚卸しや業界・企業研究を丁寧に行ってみてください。

ご紹介した方法をやっていただくだけで自己PRの魅力度が大きく変わり、ひいては面接の突破率も変わってくるはずです。ぜひ参考にして、志望企業から内定を獲得しましょう。

pagetop