topTOP 転職エージェント 転職エージェントの非公開求人はブラック?非公開理由とメリットも

転職エージェント非公開求人サムネ

転職エージェントの非公開求人はブラック?非公開理由とメリットも

転職エージェント 2019.11.21

転職エージェントを利用した方はご存知かと思いますが、保有する求人の多くは企業名などの情報を伏せた非公開求人です。

たとえば、大手転職エージェントであるマイナビエージェントでは、取り扱う求人のうち約80%が非公開求人となっています。

詳細のわからない非公開求人を見る中で、

なぜ非公開なの?
ひょっとして後ろめたい理由があるんじゃ?
もしかして……ブラック企業?

など、不安に思ったことはありませんか?

転職エージェントの非公開求人は、本当にブラックなのでしょうか。

実際の声も交えながら、非公開な理由や、非公開求人に応募するメリット・デメリットを解説します!

転職エージェントの非公開求人は、ブラックだからではない

「転職エージェントが紹介してくる非公開求人は、ブラック求人なのでは?」と、心配に思う方は、決してあなただけではありません。

Twitterでも、次のような声が上がっています。

しかし、ご安心ください。

実際は非公開だからブラックというわけではありません!

 

転職エージェントの求人が非公開な2つの理由

後ろめたい理由があるから非公開にしているわけではなく、会社名や詳細が非公開なのには、企業にとって合理的な理由があります。

その理由は、主に次の2つです。

なぜ非公開求人?

  • 戦略に関わる求人であるため、他社に動向を知られたくないから
  • 求人の応募殺到を避けたいから

1つずつ非公開な理由を確認していきましょう。

 

理由①戦略に関わる求人であるため、他社に動向を知られたくないから

求人情報が非公開な理由の1つは、企業の経営戦略に大きく関わる求人であるため、他社などの外部に情報を知られたくないからです。

たとえば、顧客を驚かせるような革新的な新商品の開発や、競合他社を大きく出し抜くような新規事業の立ち上げなどのプロジェクトがあったとします。

そんなとき、このプロジェクトの求人募集を公開したらどうなるでしょうか。動向が社外に筒抜けになってしまいます。

また、新規プロジェクトの立ち上げ以外にも、求人を公開したくないケースがあります。

たとえば、会社の経営陣など、エグゼクティブ層の募集

求人を公開してしまうと、競合に動向が知られる以外にも、株主や取引先・顧客や社員に知られ、余計な不安を与えてしまうという悪影響が懸念されます。

両方のケースで共通なのは、「内緒で人を採用したい」ということ。

こんな場合に、非公開求人が行われるのです。

 

理由②求人の応募殺到を避けたいから

有名企業や人気企業などが、求人応募の殺到を避けるために、非公開で求人するケースもあります。

なぜ求人応募の殺到を避けたいのでしょうか。

採用活動には、電話応対や書類選考、面接の実施など、たくさんのマンパワーが必要です。

何百人、何千人と、募集人数よりも大幅に多くの人が殺到するようでは他の業務に支障が出ますし、採用活動にかかる人件費も莫大なものになってしまいます。

こういった応募者の殺到を回避するためには、あえて非公開求人として募集をすることが有効です。

そうすることで、転職エージェント側に、マッチング精度の高い人材のみを抽出してもらい、選考に進んでもらう。

効率的に採用活動を行うために、あえて非公開求人を出す会社もあるのです。

 

転職エージェントが扱う非公開求人のメリット・デメリット

机に大きな紙をひろげて書き込んでいく2人

転職エージェントが求人情報を非公開で出すのには、理由があることをご理解いただけたでしょうか。。

「ハイクラスの可能性がある」「人気企業である」ということから、求職者にとって非公開求人はブラック求人ではなく、逆に大きなチャンスがある求人であるといえるのです。

非公開求人に応募する上でのメリット・デメリットは以下のとおりです。

 

非公開求人に応募する4つのメリット

非公開求人には、主に4つのメリットがあります。

非公開求人に応募する4つのメリット

  • ミスマッチが避けられる
  • 求人数が豊富
  • 大手企業の求人もある
  • エグゼクティブ・ハイクラス求人もある

メリット①ミスマッチが避けられる

転職エージェントは、ただやみくもにあなたに求人を紹介するわけではありません。

あなたのスキルやキャリア、人柄などを理解した上で、おすすめの求人を紹介してくれます。

その求人は、「あなたにはこの仕事がマッチしそうだし、企業もあなたを採用したいと思ってくれるはずだ」というレベルのもの。

転職先の会社選びにプロの視点が加わりますので、単純に求人広告を見て応募するよりも、ミスマッチのリスクを低く抑えられます

 

メリット②求人数が豊富

冒頭でも述べましたが、転職エージェントが持つ全求人の約80%が非公開求人です。

つまり、転職エージェントに登録すれば、公開求人よりも非常に豊富な数の求人に触れることができます

たとえば、2019年10月時点でリクルートエージェントの非公開求人は、163,928件

公開されている求人の中にピンとくるものがなくても、非公開求人の中に、あなたにふさわしい次のキャリアが眠っているかもしれませんよ。

 

メリット③人気企業の求人が紛れている

前述の通り、応募が殺到するのをきらい、あえて求人を非公開にしている人気企業もあります。

大手企業や有名企業で働くことに興味がある人にも、非公開求人はオススメですよ。

 

メリット④エグゼクティブ・ハイクラス求人は多くが非公開

企業の経営に大きく関わるような経営層・エグゼクティブ層の求人や、高度なスキルと経験が必要とされるハイクラス求人は、非公開求人として紹介されるものが多いです。

経営に関わりたい方や、より大きな仕事に取り組みたい方は特に、非公開求人を紹介してもらうと良いでしょう。

たとえば、マイナビ転職エージェントサーチでは、次のような求人が社名非公開で取り扱われています。(2019年10月時点)

非公開求人例

(引用:https://mynavi.agentsearch.jp/executive/jobDetail/?jobId=31692077

証券会社の事業部長に関する求人であり、初年度の想定年収が2,000~3,000万円です。

このようなハイクラス求人も揃えており、経験やスキルの面で要件を満たしている必要はありますが、より高年収を目指す人達にもおすすめですよ。

 

非公開求人が持つ2つのデメリット

一方、扱われる求人に特徴があるため、非公開求人への応募に向かない人もいます。
デメリットは以下のとおりです。

非公開求人が持つ2つのデメリット

  • 未経験者や第二新卒には不向き
  • 転職エージェントの担当者がイマイチだとミスマッチが起きうる

デメリット①未経験者や第二新卒には不向き

非公開求人は、未経験者や第二新卒として転職したい人には不向きかもしれません。

なぜなら、これまでのキャリアを活かし、即戦力としての活躍が期待される求人が多いからです。

エグゼクティブ層の求人ではマネジメント経験が必要ですし、ハイクラス求人では専門分野で活躍してきた経験と実績が求められます。

未経験でもできる仕事をお探しの方や、第二新卒として転職したい人は、転職エージェントへの相談と並行し、転職サイトなどで「未経験可」「第二新卒歓迎」といった求人を探すこともオススメですよ。

 

デメリット②転職エージェントの担当者がイマイチだとミスマッチが起きうる

非公開求人の最大の弱点は、求人を自分で選べないこと。

転職エージェントの担当者があなたに紹介する求人を選びます。

したがって、あなたにマッチする求人を紹介してもらえるかどうかは、転職エージェントの担当者の力量に左右されてしまうんです。

そのため、相性の良くない担当者にあたってしまうと、思うように転職活動が進まない可能性も。

また、こうしたミスマッチは、あなたが転職エージェントに登録している職務経歴の情報があまり具体的でないことが原因で起こってしまうこともあります。

転職エージェントのマイページなどで登録情報を見直してみて、詳しく書ける部分はより具体的に書きなおしてみてください。

もちろん、エージェントとの相性というものもあるので、「なんだかウマが合わない」「ピンとくる求人を紹介してくれないな……」と思ったら、担当変更も検討してみてくださいね。

 

転職エージェントの非公開求人にはこんなものも!求人例を紹介

では、転職エージェントの非公開求人には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

例として、次の3つの非公開求人を紹介します。

非公開求人の3つの例

  • 機械学習、人工知能など機械知能化分野の研究開発
  • バイオベンチャーの事業戦略担当者
  • メディアプランナー

例①機械学習、人工知能など機械知能化分野の研究開発

非公開求人例その2

【出典】求人検索結果一覧:求人・転職はマイナビ転職エージェントサーチ

現在のビジネスシーンにおける大きなトレンド、機械学習やAIの専門家を募集する求人です。

業務内容や大まかな勤務地などは記載がありますが、詳細は非公開となっています。

 

例②バイオベンチャーの事業戦略担当者

非公開求人例その3

【出典】求人検索結果一覧:ハイクラス・エグゼクティブ求人:マイナビ転職エージェントサーチ

再生医療という大きなビジネスチャンスに挑戦する事業戦略担当者を募集しています。

やはり勤務地や勤務時間、各種手当などの大まかな情報以外は非公開となっています。

 

例③メディアプランナー

非公開求人例その4

【出典】転職ならtype-ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト

モバイル広告やメディア運用を扱う求人です。

3年以上の社会人経験と基本的なOfficeスキルがあれば、未経験でも可の求人となっています。

しかし、歓迎される経験、スキルとしては「広告業界、IT業界での実務経験」「モバイル広告のプランニング経験」「マネジメント経験」などが挙げられており、やはり即戦力としての活躍が求められることになりそうです。

 

まずは登録して非公開求人を探してみよう!おすすめ転職エージェントはこちら

この記事では、転職エージェントの非公開求人がなぜ非公開なのか、その理由や、非公開求人のメリット・デメリットについて解説しました。

非公開求人は決してブラックだから情報を隠しているのではありません。
他社に人事戦略を知られたくないようなハイクラス求人や、応募が殺到するような人気企業の求人だからこそ非公開であることが多いんです。
今までの経験を活かしてキャリアアップに挑戦したい人は、ぜひ非公開求人にチャレンジしてみてくださいね。

非公開求人を紹介してもらうためには、転職エージェントに登録し、面談を行う必要があります。
面談終了後、あなたにマッチした非公開求人を紹介してくれますよ。

そのため、どのような求人があるのか興味がある方は、まずは転職エージェントに登録しましょう。


 

キャリアの海編集部は、転職を考えるすべての人に向けて、おすすめの転職エージェントを紹介しています。

エージェント名称 ここがおすすめ!
全ての20代が登録必須! マイナビエージェント 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
リクルートエージェント 業界最多の求人からあなたにマッチする求人が見つかる
給与に不満がある方へ type転職エージェント 業界トップの年収アップ率71%
ビズリーチ スカウトからハイキャリア・高年収を目指せる
残業が多い・休日が少ない方へ dodaエージェントサービス 便利ツールで忙しいあなたをサポート。
丁寧なフォローも◎
幅広い経験・知識を積みたい方へ

転職エージェントについて、さらに詳しく知りたい方はこちらも参考にしてくださいね。

20代が登録すべき転職エージェントはこれだ!【令和最新版】

  • 監修
  • 木村 千恵子

プロフィール:
20年以上外資系IT関連企業でプロジェクトマネージャーとして各種グローバルプロジェクトに従事。
2016年からフリーのキャリアコンサルタントとして、外国人留学生向けの就職支援、中小企業の従業員へのキャリアコンサルティング、外国人材の採用を検討している企業様向け採用支援、個人向け転職支援セミナーなどを実施している。
2019年から「外国人雇用の実務」<中央経済社>の著者である近藤秀将先生の行政書士法人にて、在留資格の申請手続きの現場で補助者としても活動中。

保有資格:
国家資格キャリアコンサルタント
CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)
EAPメンタルヘルスカウンセラー(eMC)

活動内容掲載メディア:
・ブログページ:https://www.chieko-career.net/
・ホームページ:https://chieko-career.com/
・フェイスブック:https://www.facebook.com/ckimura7https://www.facebook.com/ChiekoCareer/

pagetop