topTOP 転職エージェント 転職エージェントは職務経歴書の添削のみで利用してもOK

転職エージェントは職務経歴書の添削のみで利用してもOK

転職エージェント 2019.07.17

職務経歴書を書くのが難しくて、選考に受かりやすいものが作れない…」と悩む人もいると思います。

そんな人は、転職エージェントに添削してもらいましょう!

完全無料で面接対策など様々なサポートが受けられますが、添削のためだけに利用しても特に問題ありません。

転職エージェントに添削してもらうべきたった一つの理由を徹底解説。

後半では職務経歴書の注力すべき点だけでなく、転職エージェントに職務経歴書を提出する際の注意点についても解説します。

※注意※
みなさんが「職務経歴書の書き方やコツを把握している」という前提で、本記事を執筆しています。
職務経歴書の書き方やコツについて、職務経歴書とは違う「履歴書」の書き方について詳しく知りたい方はこちらも参考にしてくださいね。

転職であなたを魅せる職務経歴書の全て【記入例アリ】

転職の必需品!履歴書の全てを徹底解説【準備・書き方・渡し方】

転職エージェントに職務経歴書を添削してもらうべき理由

緑とコンサルティング

転職エージェントに職務経歴書を添削してもらうべき理由は、転職のプロによる客観的な意見を取り入れられるからです。

転職エージェントは求職者を企業に紹介し、転職が成功すれば紹介料をもらうビジネスモデルを採用しています。

一人でも多く転職を成功させるために、企業や業界の裏事情に精通しており、それに則った手厚いサポート(求人紹介や面接対策など)を求職者に行っているのです。

・初めて職務経歴書を書く
・書類選考に落ち続けている
・書く内容が絞り切れない
・異業種へ転職を考えている

特に上記に当てはまる人は、転職エージェントに添削だけの目的だとしても是非登録しましょう。

以下の記事から、あなたに合う転職エージェントを見つけてくださいね。

20代が登録すべきおすすめ転職エージェント【令和最新版】

またハローワークや就職支援NPOなども、転職支援や職務経歴書を添削してくれますが、転職エージェントに比べてサービスの質が落ちます。

理由として、「転職エージェントに比べ、企業や業界情報に精通していない」ことが挙げられます。

転職エージェントは上記のようなビジネスモデルを採っているため、求人を出す企業や業界情報を積極的に集めようとします。

この結果、転職エージェント会社にノウハウがたまり、質の高いサービスを提供できるのです。

実際に以下のような声が見受けられます。

やはり総合的に転職エージェントの方が、質の高いサービスを提供できると言えるでしょう。

職務経歴書の添削時に注視すべき項目

おしゃれなデスクと書類

職務経歴書は、コンサルタントや企業に見せる「第一印象」です。

そのため、以下のツイートのように「いかに自分を出来そうに見せるか」が大事だと言えます。

誤字脱字がないか、レイアウトが綺麗かなども大切ですが、ここではコンサルタントによる添削時に、皆さんが注視すべき項目として、

添削時に注視すべき2項目

  • 自分の強み・経験をしっかりアピールできているか
  • 企業の評価するポイントが盛り込まれているか

これら2つを紹介します。

1. 自分の強み・経験をしっかりアピールできているか

自分の職務経歴書に、自分の強みや経験がしっかりと反映されているかが大切です。
コンサルタントは、登録時の入力情報や面談での会話内容から、皆さんの自分が知らない強みを添削で引き出してくれます。

以下が、「営業でスキルを磨いた転職者の職務経歴書」の添削例です。

添削例(活かせる経験・知識)

企画提案力(添削前)

  • お客様の気持ちに寄り添う形の営業を心がけていました。
    お客様と対話を続けるうちに、相手が何を感じているかがよくわかるようになりました
    そして慣れるうちに、よりそれが明確にわかるようになって、「こんな人はこう感じている」という仮設も建てられるようになりました。

企画提案力(添削後)

  • 仮説検証型の営業を心掛けておりました。
    クライアントに対して、ヒアリング~仮説構築~課題解決法の提案という一連の流れを行っておりました。
    特に、ヒアリングに重点を置いており、クライアントの潜在ニーズを探りあてることには自信があります。

より良く自分を見せるためにも、転職エージェント登録時の入力情報には、書けるだけ書きましょう。

「相手が何を感じているかがよくわかる」という漠然とした言葉遣いから、「クライアントの潜在ニーズを探りあてる」という、より具体的な言葉遣いへ昇華させています。

このようにコンサルタントは、採用担当者が皆さんのことをより理解してくれるように、職務経歴書を添削してくれます。

たとえ自分が「大したものではない」と感じた内容だとしても、とことん書くのがポイントです。

面談で話す際も、自分の経歴や経験は包み隠さず話すことをおすすめします。

2. 企業の評価ポイントが盛り込まれているか

職務経歴書を読む人は企業ですので、「企業の評価ポイントが盛り込まれているかどうか」も重要なポイントです。

転職エージェントは転職のプロです。

業界や企業の情報に精通していて、過去の事例からどんな人が受かりやすいかを知っています。

それを踏まえた上で、書類選考に受かりやすいように職務経歴書を添削してくれます。

特に自己PRや経歴を書く際に、

・どのような経験やスキルを持っているのか
・今までの仕事でどのような工夫や取り組みをしてきたか

という部分は、企業の求める人物像に合わせて書いていく必要があります。

例えばITエンジニアからITコンサルタントに転職したい場合、自分が持つ「開発に関する技術」「金融に関する知識」だけではなく、「自身の問題解決能力」について、具体的に説明することが有効です。

コンサルタントが添削してくれた文章を読んで、「どの部分が、応募企業が求める人材像にマッチしているのか」と質問してみましょう。

コンサルタントのこだわりポイントや、企業がどんな人物を求めているかを知ることができますので、その後の面接にも活かすことができるでしょう。

転職エージェントに職務経歴書を提出する際の注意点

万年筆と紙

転職エージェントに登録してから、すぐにコンサルタントから電話がかかり、面談日程を調整することになります。

その際に、「面談までに、履歴書と職務経歴書をメールで送ってください」と言われるでしょう。

ここでは、コンサルタントに職務経歴書を提出する際に注意しておくべき点を、

1. まずは全力で作ってみる
2. コンサルタントに当たり外れがある
3.「添削してもらった=選考に100%受かる」ではない
4. 職務経歴書の使い回しはNG

このように4つピックアップして解説します。

1. まずは全力で作ってみる

面談前に、とりあえず全力で職務経歴書を作りましょう。

適当な職務経歴書を作ってしまえば、コンサルタントから「やる気が無いのかも」と判断される可能性があります。

その結果コンサルタントからの対応が悪くなる、優良な求人を紹介されないなどの事態が起こるかもしれません。

この時点で、すでに書類選考が始まっていると考えましょう。

自分で書く際に大切なのは、「基本をおさえること」です。

こちらの記事で職務経歴書の書き方やコツを紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

転職であなたを魅せる職務経歴書の全て【記入例アリ】

自分の職務経歴書の「何が良くて、何がダメか」をちゃんと把握するために、書ける分だけ全力で書いて、コンサルタントに見せましょう。

2. コンサルタントに当たり外れがある

残念ながら、皆さんの面談を担当するコンサルタントには当たり外れがあります。

当たりの場合、説得力のある添削を受けられるでしょう。

しかし、コンサルタントが「新人である」「企業・業界に関する知識が浅い」などで外れの場合は、自分が望むような添削を受けられない可能性があります。

ある程度は仕方のないことですが、コンサルタントに対し不満を強く感じた場合は、担当者の変更を依頼することができます。

dodaのコンサルタント変更フォーム
(引用:担当キャリアアドバイザー変更のお申し込み

「そんな失礼なことをしていいのか」と思うかもしれませんが、利用者で「相性が合わない」などの理由から、コンサルタントを変えてもらうことは多いです。

その際は、「なぜ変えてほしいのか」をはっきりと伝えましょう。

職務経歴書の添削に不満があるのならば、その旨を伝えた上で相性が合わないことをアピールするのがポイントです。

そうすることで、次はよりベテランの方が転職サポートをしてくれるでしょう。

3. 「添削してもらった=選考に100%受かる」ではない

職務経歴書を添削してもらっても、100%書類選考に受かるというわけではありません。

コンサルタントは「受かりやすい方法」を知っているのであって、「必ず受かる方法」を知っているわけではない、ということです。

「これをすれば受かりやすい」ということは、その企業・業界などにおける、今までの傾向や好まれる人材から判断しています。

基本的に企業の情報はブラックボックスであることが多いので、「今はこうだ!」とはっきり述べることはできないのです。

親身に職務経歴書を添削してくれるので、万一それで選考に受からなくても、コンサルタントに対し怒ったりするのはやめましょう。

4. 職務経歴書の使い回しはNG

一度職務経歴書を添削してもらったとはいえ、それを複数の企業へ応募する際に使い回しをしてはいけません。

特に志望動機に関しては、複数企業に対し同じものを使っても、企業との食い違いが必ず発生します。

たとえ汎用性の高い志望動機を作って複数企業に使ったとしても、企業側の人事担当者は「これは使い回しだ」とすぐに判断します。

一度面談で添削してもらった職務経歴書を雛形とし、そこから「志望動機を作る→添削してもらう」を繰り返すことがポイントです。

たとえ面倒だと感じても、応募する企業一つひとつに合った職務経歴書を作りましょう。

職務経歴書の添削にはdodaエージェントサービスがおすすめ

転職エージェントは職務経歴書の添削を親身に行ってくれます。

それに加え、面接対策や求人紹介などの手厚いサポートをしてくれるので、皆さんの転職活動における強い味方となるでしょう。

数ある転職エージェントの中でおすすめなのは、「dodaエージェントサービス」です!

dodaのトップページ画像

POINT

  • WEB上で職務経歴書の自動作成ができる
  • 業界トップレベルの求人数を誇る(約130,000件)

リクルートエージェントに次ぐ、業界2位の転職エージェントです。

求人数ではリクルートエージェントに一歩及びませんが、それに対してコンサルタントやサポートの質が非常に高いという評判を受けています。

20代/女性

丁寧に転職活動に対するアドバイスを行ってくれました。
特に職務経歴書などの応募書類の添削は的を得ていて役立ちました。

(引用:dodaエージェントサービスの評判

時間がない・遠出できない人のために、電話でも添削をしてもらえるので、非常に親身にサポートしてくれると言えるでしょう。

また、もう1つの特徴として「簡単に職務経歴書が作成できる」ということが挙げられます。

以下のように、WEBでの登録と同じように内容を入力するだけで、職務経歴書を作成できます。

dodaのログイン職務経歴書
(引用:筆者のマイページ)

ここに入力した情報をもとに、実際のA4サイズで自動的に作成されますので、わざわざ自分でフォーマットをダウンロードする手間も省けます。

様々な面で求職者の強い味方となってくれるdodaエージェントサービスを是非活用しましょう!

pagetop