topTOP 転職エージェント 転職エージェントで転職の費用が浮く!無料の裏側とおすすめ1社

転職エージェント費用のアイキャッチ

転職エージェントで転職の費用が浮く!無料の裏側とおすすめ1社

転職エージェント 2019.10.15

転職エージェントの費用ってホントに無料なの

サポートが手厚いらしいけど、なにか裏があるんじゃないの

このような疑問を感じている方、ご安心ください!

転職エージェントを利用するのに費用はかかりません

転職エージェントの特長である、手厚いサポートも完全無料です

その理由となるビジネスモデルに加え、よくある疑問に対してQ&A形式で解説します。

また、記事の最後に、キャリアの海編集部が厳選した転職エージェントを紹介しています。

ぜひ活用して、賢く転職活動を進めましょう!

※とりあえず厳選した転職エージェントが知りたい!という方はこちら

転職エージェントの費用はなぜ無料?カギは「成功報酬型」

ノートとビジネスモデル

転職エージェントのサポートが無料であるだけに、「なにか裏があるんじゃないの?」と考えてしまいますよね。

その不安の最も大きな理由は、「お金の流れが見えないから」ではありませんか?

実は、転職エージェントを利用する立場である皆さんには見えないところで、お金の流れが発生しています。

そのお金の流れこそが、転職エージェントの「成功報酬型ビジネスモデル」なのです。

転職エージェントの成功報酬型ビジネスモデル図解

転職エージェントのビジネスモデルを図で表すと、以下のとおりです。

転職エージェントのビジネスモデル

転職エージェントは企業に対し、欲しい人材を紹介することでお金をもらっています。

赤い矢印で示したように、求職者が内定するたび、採用企業が転職エージェントに対し成功報酬として紹介料を支払っているのです。

成功報酬で発生するお金は年収の30~35%

企業側から転職エージェントに支払う成功報酬額は、「求人情報の年収の30%~35%」です。 

例として年収500万円の求人で転職した人を例にしましょう。

転職エージェントの成功報酬

この場合、少なくとも500万円×0.3(30%)=150万円の紹介料(成功報酬)を、企業が支払います。

このような企業から転職エージェントへのお金の流れにより、利用者となる皆さんは、無料でサービスを受けられるのです。

転職エージェントの費用の裏側!求職者側・企業側の思惑

チェス画像その2

先程、成功報酬は「年収の30~35%」と解説しました。

ここで皆さん、「高っ!そんなのビジネスとして成り立つの?」と思うかもしれません。

しかし、企業側と求職者側それぞれに強い思惑・ニーズがあり、転職エージェントのビジネスモデルは成り立っています。

  • 求職者側の思惑・ニーズ
  • 企業側の思惑・ニーズ
  • 転職エージェントの役割

これらに分けて解説しますね。

求職者側の思惑・ニーズ

まず、求職者側の思惑・ニーズを見てみましょう。

求職者

・もっと自分に合う求人に絞って、転職活動を進めたい!

・自分ひとりで転職しようとしても、色々わからないから不安

求人情報が沢山ある中で、自分に合ったものを見つけるのはなかなか難しいですよね。

たとえ労働条件や年収が自分にとって理想だったとしても、入社後に「思っていたのと違う!」という事態もありえます。

したがって、本当に自分に合った求人情報を見つけることは、求職者にとって非常に重要な問題となります。

また、普通に転職活動をしていると、選考対策・日程調整などのサポートをやってくれる存在がいません。

結果、行きたい企業の選考に受かるためのコツやプロの視点が得られないまま、選考に挑むことになるのです。

企業側の思惑・ニーズ

次は企業側の思惑・ニーズを見てみましょう。

企業側

・転職サイトからの応募が多すぎて対処しきれない…

もっと効率良く欲しい人材を獲得したい!

主な転職方法として、「転職サイトor転職エージェントを利用する」があります。

転職サイトからの応募の場合、企業によっては応募数が多すぎて、面接などの選考に使う時間・人手が足りなくなります

また転職サイトの特徴は、登録している人なら求人情報の応募自体は誰でもできることです。

そのため、企業側はなかなか効率良く欲しい人材を獲得できないという問題があります。

ここまで解説したような、求職者・企業両方の思惑やニーズを満たしてくれる存在が、転職エージェントなのです。

とりあえずおすすめ転職エージェントを知りたい方はこちらも参考にしてみてくださいね。

20代が登録すべきおすすめ転職エージェント【令和最新版】

転職エージェントの役割

転職エージェントの主な役割は以下のとおりです。

転職エージェント

・求職者には、無料で求人を紹介したり、サポートをしていこう!

・企業からは、欲しい人材を紹介することでお金を貰おう!

転職エージェントは求職者に対し、無料で手厚いサポートをしてくれます。

サポート内容は、ざっと挙げるだけでこれだけあります。

  • 求職者それぞれにマッチした求人紹介
  • 転職サイトに出回っていない非公開求人の紹介
  • 書類添削
  • 模擬面接などの面接対策
  • 転職のプロによるカウンセリング・面談
  • 退職交渉や年収交渉

プロによるこれらのサポートのおかげで、皆さんは非常に効率よく転職活動を進められるのです。

一方で、欲しい人材のタイプを伝えておけば、それに合った人材を紹介してくれるので、企業も効率よく採用活動を進められます

転職エージェントは費用が無料なのに、サポートが手厚い理由

転職エージェントは転職したい人に求人情報を紹介して、転職だけさせればいいはず。

なんでこんなにサポートが手厚いの?

わざわざ報酬が発生しない求職者に対し、手厚いサポートをしなくてもいいのでは?

ここで皆さんは、少し疑問に感じるかもしれません。

転職エージェントのサポートが手厚い理由は、「転職後のミスマッチが、転職エージェントにとって好ましくないから」です。

実は転職者がすぐに退職してしまうと、転職エージェントはその成功報酬を企業に返金しないといけません

つまり、転職エージェントには利益が発生しないことになり、それまでのサポートが徒労に終わってしまいます

ミスマッチによる早期退職を防ぐため、転職エージェントは求人紹介・選考対策などの手厚いサポートをしてくれるのです。

20代が登録すべきおすすめ転職エージェント【令和最新版】

さすがにこんな時は費用が発生するのでは?【Q&A】

クエスチョンとアンサー新

「もしやペナルティでお金を払わないといけないのでは?」

「完全無料と言っても、なんだかんだ費用がかかるのでは?」

このように考える人向けに、よくある疑問を4つピックアップしました。

  • 早期退職したらどうなるの?
  • 内定辞退したときはどうなるの?
  • 転職エージェントに登録だけして応募しないって、大丈夫?
  • 転職エージェントによる交通費負担はあるの?

Q&A形式で回答していくことで、皆さんの不安も解消していきますね。

疑問①早期退職したらどうなるの?

転職エージェントを使って転職したけど、すぐに退職してしまった…。

これってペナルティにならない?

万一すぐに退職してしまっても、あなたが払う費用は何もありません

実はその裏側で、転職した人が早期退職した場合に、企業が転職エージェントに払う紹介料(成功報酬)の一部を返金する仕組みになっています。

先程も解説しましたが、一般的に転職エージェントが企業からもらう紹介料は、理論年収の30%~35%となっています。

ちなみに理論年収とは、転職者の月次給与の12カ月分および交通費以外の一切の諸手当(所定外労働手当を含む)、報奨金、一時金を合計した金額のことです。

転職者が早期退職した場合、紹介料の一部が企業に返金されます。

以下がその割合の一例です。

成功報酬の返金

(引用:人材紹介サービスの手数料とは?紹介手数料の相場や返還金について

転職エージェント側もこのようなパターンはよく経験しているので、すぐに退職してしまっても糾弾される事はありません。

ただし早期退職を繰り返しすぎると、転職エージェントとの信頼関係が崩れ、いい求人情報がもらえなくなることもあるので注意しましょう。

疑問②内定辞退したときはどうなるの?

せっかく内定をもらったんだけど、辞退してしまった。

この場合、お金を払う必要ってあるの?

内定辞退において、こちらが支払う費用は発生しません

しかしお金がかからないからと言って、転職エージェントや採用企業側に雑な対応をしてはいけません。

内定辞退する場合は、メールなどで転職エージェントに誠意を持って伝えましょう。

内定辞退後も、転職エージェントとは関係が続く可能性があるので、この「誠意を持って」というのが大切です。

転職エージェントの上手な断り方!【5シーン別例文付き】

また、質の悪い転職エージェントから、「内定辞退したら損害賠償を請求するぞ」なんて言われるかもしれませんが、ご安心ください。

内定辞退しても、転職エージェント側が転職したい人に対し、損害賠償を請求することは法律で禁じられています。

このようなことを言う理由は、転職エージェントは企業からの紹介料(成功報酬)がもらえなくなるからです。

このように言ってくる転職エージェントとは早々に関係を切ったほうが賢明ですね。

疑問③転職エージェントに登録だけして応募しないのは大丈夫?

転職エージェントに登録だけしたんだけど、まだ実際には利用していない。

この場合、転職エージェントから何か言われることはない?

内定辞退において、こちらが支払う費用は発生しません!

一度登録すると、転職エージェントのコンサルタントがこまめに連絡をしてくれるようになります。

万が一煩わしく感じたら、早めに退会してしまうのがおすすめです。

退会によるペナルティもありませんので、ご安心ください。

転職エージェントをやめる!大手5社の退会方法を解説【メール例文】

疑問④転職エージェントによる交通費負担はあるの?

転職エージェントに求人を紹介してもらって、実際に企業の面接に行くことになった。

転職エージェントからの交通費負担はあるの?

残念ながら、交通費・宿泊費などの負担はしてくれません…

地方で転職活動をしている方にとっては少し不親切に思えるかもしれませんが、ここは割り切ってしまいましょう。

一方、コンサルタントとの面談で、遠方から転職エージェント会社に行く必要がある場合、LINEや電話で面談を行ってくれます

地方で転職活動をしたい人や、移動が面倒だと感じる人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

こんな人は転職エージェントdodaを使おう【評判・口コミ】転職フェアにも潜入した

まずは転職エージェントに登録してみよう!おすすめはマイナビ

ネクストステップ

転職エージェントを使う際の費用が無料であることと、その裏事情について、解説してきました。

この記事を読んで、「転職エージェントを利用したいけど、ほんとに無料なの…?」という皆さんの不安を少しでも解消できれば幸いです。

転職エージェントは日程調整・面接対策・カウンセリングなど、様々なサポートをやってくれるので非常におすすめです!

まずは、一度登録してみることから始めてみましょう。

今回はキャリアの海編集部が厳選した、20代向け転職エージェントを1社紹介しますね。

それはズバリ、マイナビエージェントです。

マイナビエージェント

マイナビサムネその2

POINT

  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
  • 他のエージェントにはない「独占求人」を多数保有

マイナビエージェントは、20代に最も信頼されている転職エージェントです!

登録者全体の約6割が、皆さんと同じ25歳~35歳の若手であり、保有している求人も20代に沿ったものが多数を占めます。

また、第二新卒の求人紹介にも力を入れていて、他の転職エージェントに比べ、「第二新卒歓迎」の求人が多いのも特長です。

エージェント名称 公開求人数 公開求人のうち「第二新卒歓迎」求人数 「第二新卒歓迎」求人の割合
マイナビエージェント 16,831件 2,102件 約12.5%
リクルートエージェント 118,498件 5,122件 約4.3%
dodaエージェントサービス 74,478件 3,705件 約5%

(2019年10月のキャリアの海編集部が調査)

さらにマイナビエージェントは、他の転職エージェントにはない「独占求人・非公開求人」を多数保有しています。

全求人数の8割が非公開求人ですので、上の表に書いてある公開求人と合わせると、求人数はおよそ60,000件になります。          

きっと、マイナビエージェントでしか出会えない求人が見つかりますよ。

マイナビエージェントに
まずは無料相談

マイナビエージェントの口コミ多数あり

マイナビエージェントに関する口コミも紹介します。

転職エージェントを選ぶ際の、判断材料にしてくださいね。

20代/男性

同業他社への転職を考える際に力になってくれたエージェントです。

より良い待遇の求人を紹介してくれ、キャリアアップを後押ししてくれるエージェントだったと思います。

他の業界に関するプッシュはほとんどなかったので、目的がキャリアアップの場合に有効なエージェントだというイメージです。

(引用:マイナビエージェントの評判

マイナビエージェントに
まずは無料相談

※マイナビエージェントについてさらに詳しく知りたい方はこちら※

20代の私がマイナビエージェントと面談してみた【評判と活用のコツ】

※他のおすすめ転職エージェントも知りたい方はこちら※

20代が登録すべきおすすめ転職エージェント【令和最新版】

pagetop