topTOP 転職エージェント 「ビズリーチの審査に落ちた!」を回避するための職務経歴の書き方

仕事で怒られた時の「切り替え方」を紹介!怒られる人の3つ特徴も

「ビズリーチの審査に落ちた!」を回避するための職務経歴の書き方

転職エージェント 2020.09.18

この記事は、ビズリーチの審査が不安な人に向けて書きました。

転職する際にビズリーチの利用を検討する人も多いかと思いますが、ビズリーチには審査があり、人によっては「審査に落ちた・・・」となり、利用できないケースもあるのです。

ビズリーチの審査に通過するには「職務経歴」が重要です。

そこでこの記事では、ビズリーチの審査に通過するための職務経歴の書き方を伝授します。

また、職務経歴をしっかり書いても審査落ちになる原因や、ビズリーチの審査に通らなかった場合の対処方法もお伝えしていきます。

ビズリーチの審査に通過するには「職務経歴」が重要

ビズリーチの審査基準は非公開ですが、次のように「求人情報の応募条件を満たすキャリアが必要」と記載があります。

ビズリーチの審査基準は非公開ですが、次のように「求人情報の応募条件を満たすキャリアが必要」と記載があります。

出典:ビズリーチ「Q&A

そのため、審査に通過するには申込時に記入する「職務経歴」が重要です。

「この人の経歴ならビズリーチに登録している企業に需要があるな」と、ビズリーチの審査担当者に思ってもらう必要があるため、経歴・スキル・強みなどを丁重に記載し、自分のことをアピールする必要があります。

よって、職務経歴をしっかり記載しないといけません。

ビズリーチの審査に通過するための職務経歴の書き方


ビズリーチの審査に通過するための職務経歴の書き方

ビズリーチに申告する職務経歴は「職務要約」・「職務経歴」・「スキル」の3つに分かれており、書く際のコツは次のとおりです。

CHECK

  • 職務要約は約400文字でわかりやすく書く
  • 職務経歴詳細は約200文字でまとめる
  • スキルはアピールしたいものを中心にする

それでは、次章の解説で書き方の詳細を確認していきましょう。

職務要約は約400文字でわかりやすく書く

職務要約にはこれまでの職務内容を要約して記載します。

たとえば、次のような項目ですね。

  • 所属しているのはどんな会社か?
  • 何年所属しているのか?
  • どのようなことをしてきたのか?

ビズリーチの公式サイトでは400文字前後を推奨していますので、そのくらいの文字数で記載するのがおすすめです。

なお、職務要約を記載する際には次の2つのポイントが重要になります。

  1. 具体的な数字を使う
  2. 主観ではなく客観で伝える

それぞれ具体例を挙げると以下のとおりです。

■具体的な数字を使う

× プロジェクトのメンバーをマネジメントして、新商品の開発で成果を上げた。

○ 6人のプロジェクトのメンバーをマネジメントして、新商品を開発し、3年間で5億円の売上げを達成した。

■主観ではなく客観で伝える

× マネジメントの経験は豊富だと自負しております。

○ 10年間のマネジメント経験があり、これまで7個の新規プロジェクトを立ち上げた。

職務経歴詳細は約200文字でまとめる

職務経歴詳細とは、職務要約を細分化したものです。

職務要約が全体であったのに対し、職務経歴詳細では次のように業務内容ごとに作成していきます。

職務要約が全体であったのに対し、職務経歴詳細では次のように業務内容ごとに作成していきます。
出典:ビズリーチ「ご自身に合ったスカウトを受け取るための「職務経歴書」の書き方

ビズリーチの公式サイトでは200字前後でまとめることを推奨していますので、そのくらいの文字数できれいにまとめるのがおすすめです。

最低でも2つ以上の経歴を作成することも推奨されていますので、なるべく複数の業務内容を記載するようにしてください。

スキルはアピールしたいものを中心にする

ご自身の経歴の中で身につけたスキルは、アピールしたいものを中心に記載するようにしましょう。

あまり多くのスキルを記載すると、ビズリーチの審査担当者に何が得意なのか伝わらないことがあります。

また、要約力がないと判断されてしまう恐れもりあります。

ビズリーチの公式サイトでは5~10個程度を推奨していますので、そのくらいの数にしておくのがおすすめです。

また、アピールしたいスキルから順番に記載していくのも大事です。

たとえば、「C」というスキルを一番アピールしたいのなら、「C」を一番はじめに記載します。

職務経歴を詳しく書いても審査に落ちるのはこんな人

ビズリーチの審査に100%通る方法はありませんので、職務経歴を詳しく書いても審査に通らないことがあります。

そうした人は次のようなことが原因である可能性があります。

  • 年収が低すぎる
  • マネジメント経験がない
  • 年齢が高い
  • 転職回数が多い
  • 経歴が特殊

上記に当てはまる場合、ビズリーチの審査に通らないことも考えられるため、次章の解説で問題ないか確認しておいてください。

年収が低すぎる

ビズリーチは年収600万以上のハイクラス向けの求人が多い転職エージェントです。

年収が低すぎると紹介できる求人がないと判断され、審査落ちになる可能性が高まります。

マネジメント経験がない

ビズリーチの求人の多くは管理職や経営幹部向けのものであり、マネジメント経験が必要になります。

そのため、マネジメント経験がない人は紹介できる求人がないと判断され、審査に通りにくいです。

年齢が高い

ビズリーチの求人の多くは「30代~50代」向けなため、年齢が60歳以上など高くなると、紹介できる求人は少なくなります。

よって、審査落ちの原因になりやすいです。

転職回数が多い

転職回数が多い人は、「仕事を紹介してもまたすぐに転職してしまうのでは?」と警戒されやすいです。

そのため、審査に通らないこともあります。

経歴が特殊

次のように経歴が特殊な人は審査に通りにくい可能性があります。

  • 自営業
  • 俳優
  • 芸能人
  • 自衛隊
  • 消防士

先にもお伝えしたように、ビズリーチの求人の多くはマネジメント経験が必要になるものが多いからです。

ビズリーチの審査に落ちたら他の転職エージェントを検討しよう


「ビズリーチの審査に落ちてしまった・・・」このような場合は、他の「転職エージェント」を検討するのがおすすめです。

「ビズリーチの審査に落ちてしまった・・・」このような場合は、他の「転職エージェント」を検討するのがおすすめです。

転職エージェントはビズリーチだけではありません。

他にも沢山の転職エージェントがあり、多くの場合は審査不要で利用できます。

そこでこの章では、当サイトがおすすめする転職エージェントを3つ紹介しておきますので参考にしてください。

doda(デューダ)

「doda(デューダ)」はパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

dodaはIT、通信、営業、企画系の求人に強いことが特徴です。

求人数も多く「非公開求人」も沢山あるため、あなたの希望にマッチした転職先が探しやすいというメリットがあります。

キャリアアドバイザーの質が良いと評判で、職務経歴書作成・面接対策などのサポートも充実しているため、顧客満足も高いです。

dodaについては、「dodaの評判は?2ch(5ch)を元に、dodaを利用した本音、特徴に迫る 」でも解説しています。

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はリクルートグループの転職エージェントです。

転職業界大手のリクルートグループの転職エージェントというだけあり、求人数や転職実績は業界でもNO.1です。

また、非公開求人も沢山あり、リクルートエージェントでしか紹介されない独占求人も多数あります。

そのため、好条件&高待遇の転職先を探しやすいです。

これまでの実績を活かした転職情報やサポートなども充実しているため、転職時には協力にバックアップしてくれます。

リクルートエージェントについては、「大公開!リクルートエージェントの口コミ・体験談【転職成功者3人が語る】 」でもお伝え中です。

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」はマイナビグループの転職エージェントです。

20代~30代の求人に強いのが特徴であり、とくに中小企業やIT系の求人が豊富です。

「独占求人」と呼ばれるマイナビエージェントでしか取り扱っていない求人が8割を占めているため、ここにしかない求人も沢山あります。

どのキャリアアドバイザーも専門となる分野を持っているため、キャリアアドバイザーの質も高いと評判です。

マイナビエージェントについては、「マイナビエージェントの評判と活用のコツ【20代筆者が面談して検証】 」でも解説中です。

まとめ

ビズリーチの審査に通過するには「求人情報の応募条件を満たすキャリアが必要」であるため、そうした点がわかるように、「職務経歴」をしっかりと書かないといけません。

職務経歴を詳細かつわかりやすく書き、ビズリーチの審査担当者にあなたのことをアピールし、「この人になら紹介できる求人が沢山ありそう」と思ってもらう必要があるのです。

職務経歴の書き方のコツは次のとおりです。

CHECK

  • 職務要約は約400文字でわかりやすく書く
  • 職務経歴詳細は約200文字でまとめる
  • スキルはアピールしたいものを中心にする

ただし、職務経歴をしっかり書いたとしても次のような場合は審査に落ちる可能性があります。

  • 年収が低すぎる
  • マネジメント経験がない
  • 年齢が高い
  • 転職回数が多い
  • 経歴が特殊

もし、審査に落ちてしまったら、他の転職エージェントを検討してみてください。

他の転職エージェントでも魅力的な求人や手厚いサポートを受けられるサイトはあり、そうしたサイトであれば、希望の転職先を見つけられる可能性があります。

pagetop