topTOP 転職エージェント 【ビズリーチの登録方法の流れ】審査と転職活動の方法も解説!

:【ビズリーチの登録方法の流れ】審査と転職活動の方法も解説!

【ビズリーチの登録方法の流れ】審査と転職活動の方法も解説!

転職エージェント 2020.09.18

この記事は「ビズリーチの登録方法が知りたい!」という人に向けて書きました。

「ビズリーチの登録はどのようにするのか?」
「登録の際にはどんな情報を入力するのか?」 
「登録には審査があるって本当か?」

などなど、ビズリーチの登録前にはいろいろな疑問があるかと思います。

そこでこの記事では、ビズリーチの登録の流れから審査までをあますことなく解説していきます。

また、ビズリーチに登録した後どのように転職活動をするのかも解説中です。

ビズリーチの登録方法はとっても簡単!1分もかからない

ビズリーチへの登録はこちらから

ビズリーチの登録方法はとっても簡単で次の3つを入力するだけで完了します。

CHECK

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 現在の年収

また、以下のアカウントでも登録できます。

  • Facebook
  • Google
  • LinkedIn
  • Yahoo! JAPAN

もちろん登録料も必要ありません。

このため、登録だけなら1分もかからず終わります。

ビズリーチの利用には登録だけではダメ!個人情報や職務経歴の記載が必要

前章のとおり、ビズリーチの登録はすぐに終わりますが、登録しただけではサービスの利用ができません。

ビズリーチのサービスを利用するためには、「個人情報」や「職務経歴」の記載が必要です。

■個人情報として申告するおもな項目

  • 氏名・性別・住所・連絡先・最終学歴
  • 語学力
  • 資格や免許
  • 転職経験
  • 転職の希望時期
  • 転職先の希望年収
  • 希望する業種・職種
  • 希望の勤務地

■職務経歴として申告するおもな項目

  • 直近の在籍企業・業種
  • 直近の職種の業務内容
  • マネジメント経験
  • 今まで経験してきた業種・職種
  • 社内・社外で表彰された事項
  • 持っているスキル
  • 職務要約

とくに重要となるのが職務経歴です。

ビズリーチはあなたの職務経歴を見たヘッドハンターや企業の人事担当者から、スカウトを受けることができるサービスです。

そのため、職務経歴がしっかりしていないスカウトが受けられない可能性があります。

また、次章で解説していますがビズリーチには審査があるため、職務経歴が原因で審査に通らないこともあります。

そうしたことから、職務経歴は次のようなポイントに気をつけてきちんと記載してください。

  • 読む人がわかりやすいように配慮する
  • アピールしたい実績やスキルなどをしっかり記載する
  • 具体的な数字を使う(×成果を上げました→○3年間で2億円の成果を上げました)
  • 主観ではなく客観的に書く(×営業には自身があります→○社内で営業トップとなり、賞を受賞しました)

ビズリーチには審査がある!審査落ちする原因はこの5つ

ビズリーチには審査があるため、審査落ちになり、登録してもサービスの利用ができないことがあります。

そうなってしまう原因はおもに次の5つです。

  • 自己アピールが足りないorわかりにくい
  • 年収が低い
  • マネジメント経験がない
  • 年齢が高い
  • 転職回数が多い

どれかひとつにでも当てはまってしまうと審査に通らない可能性もあるため、次章でしっかりと詳細を確認しておきましょう。

自己アピールが足りないorわかりにくい

自己アピールが足りないorわかりにくいと、「この人に紹介できる求人はなさそうだな」と判断され、審査に通らないことがあります。

そのため、職務経歴書で自分の強みをしっかりアピールし、なおかつ読む人がわかりやすいように丁重に書かないといけません。

年収が低い

ビズリーチの求人は年収600万円以上が中心であり、年収1,000万円以上の求人も多いです。

よって、年収が低いと紹介できる求人がなくなってしまい、審査に通らないことがあります。

マネジメント経験がない

ビズリーチの求人は管理職や経営幹部の案件が多いため、マネジメント経験が必須になります。

マネジメント経験がない人は紹介できる求人がないと判断され、審査に通らない可能性が高いです。

年齢が高い

ビズリーチの取り扱い求人は30代~50代くらいまでのものが中心です。

よって、年齢が60歳以上など年齢が高いと審査に通らない可能性があります。

転職回数が多い

転職回数が多いと、またすぐに転職してしまうことを警戒される恐れがあります。

それが審査落ちの原因になることもあります。

審査に落ちたら他社を検討するのもおすすめ

「ビズリーチの審査に落ちた・・・」このような場合は、他社の転職エージェントを検討してみましょう。

転職エージェントはビズリーチだけでなく、多くの会社が提供しており、その中には審査がないところも多いです。

また、各社によってサービスが違うため、ビズリーチよりも最適な会社が見つかるかもしれません。

なかでもマイナビエージェントは

①求職者のことを考えたアドバイスをしてくれる
求職者が転職に成功するかどうかを第一に考えている。転職を「勧めない」というアドバイスも。

②第二新卒向けの求人がたくさんある
全体の10%以上が第二新卒歓迎の求人。20代に認知されている「マイナビ」ブランドで第二新卒の求人を開拓中

という特徴があるため、20代から絶大な支持を得ています。

詳しくは、「マイナビエージェントの評判と活用のコツ【20代筆者が面談して検証】 」で詳細を確認してみてください。

ビズリーチに登録したあとの転職活動はこんな感じになる

ここからは、ビズリーチに登録したあとの転職活動の流れについてお伝えしていきます。

ビズリーチの転職活動の流れは、「企業と直接やりとりする場合」と「ヘッドハンターのサポートを受ける場合」によってことなるため、2つに分けて解説していきます。

企業と直接やりとりする場合

  1. 企業からのスカウトに返信
  2. 企業との面接
  3. 内定決定
  4. 入社

あなたのプロフィールを確認した企業からスカウトが来ますので、気になったスカウトに返信します。

その後、企業と面接をし、内定→入社という形になるのが基本です。

また、「求人検索」や「求人案内メール」に興味のある仕事があった場合には、そちらから企業にコンタクトを取ることもできます。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合

  1. ヘッドハンターからのスカウトに返信
  2. 企業との面接
  3. 内定決定
  4. 入社

ヘッドハンターがあなたのプロフィールを確認し、それに合った求人の提案をおこないます。

気になった求人があれば、ヘッドハンターに返信しましょう。

その後は、企業と面接をして内定が決定すれば、転職成功となります。

ビズリーチの登録に関するよくある質問FAQ

ここではビズリーチの登録に関するよくある質問をまとめていますので、登録前の疑問解消に役立ててください。

登録条件などはある?

登録自体の条件はありませんので誰でも登録可能です。

しかし、職歴がないと審査には通りませんので、サービスの利用ができません。

登録料は無料なの?

ビズリーチの登録料は無料です。

サービスも無料で利用できますが、有料プランもあります。

タレント会員(年収750万円未満)30日間コース 3,278円(税込)
ハイクラス会員(750万円以上)30日間コース 5,478円(税込)

無料プランと有料プランの大きな違いは、「能動的に転職活動ができるか?」という点くらいです。

無料プランですと「スカウト待ち」が基本ですが、有料プランであればこちらから気になった企業にコンタクトを取ることが可能です。

とはいえ、無料でもほとんどのサービスが利用できるため、ビズリーチの登録や利用に実質お金はかかりません。

登録だけしても問題ない?

登録だけして利用しなくてもまったく問題ありません。

希望の転職先を見つけるには、複数の転職エージェントに登録しておくのがおすすめですので、ビズリーチもその中のひとつとして考えるのが良いでしょう。

登録しても会社にバレない?

ビズリーチに登録しても会社にバレる可能性は低いです。

ビズリーチには「非公開設定」があり、指定した会社があなたのプロフィールを観覧するのをブロックできます。

そのため、勤め先がビズリーチに登録していている場合であっても、人事担当者があなたのプロフィールを確認してしまうことを回避可能です。

登録した個人情報の公開範囲は?

登録した個人情報の公開範囲は、「氏名」・「メールアドレス」・「電話番号」・「生年月日」以外の情報です。

よって、個人だと確実に特定できるような情報は連絡を取り合うまで、企業やヘッドハンターにはわかりません。

高卒や新卒だと登録できない?

高卒や新卒でも登録だけならできます。

ただし、何度もお伝えしているように職歴のない人は審査に通らないため、サービスの利用ができません。

とくに新卒ですとアルバイトくらいしか経験がないため、まず審査に通らないでしょう。

高卒の場合は、正社員として働いた経験があるのであれば、審査に通る可能性が十分あります。

ビズリーチへの登録はこちらから

まとめ

ビズリーチの登録はとても簡単で1分あれば完了します。

ただし、サービスの利用には「個人情報」や「職務経歴」を入力していかないといけません。

その上で審査に通過しなくてはいけないのです。

とくに職務経歴は審査の合否に大きく影響してくる可能性が高いため、実績やスキルなどをしっかり記載して自分のことをきちんとアピールしてください。

pagetop