topTOP 転職エージェント 年収アップしたい方は、転職エージェント利用で転職しよう【年収500万超え最短ルート】

年収アップしたい方は、転職エージェント利用で転職しよう【年収500万超え最短ルート】

転職エージェント 2019.07.11

皆さんは自分の給与には満足していますか?

今の仕事量を考えるともっと年収アップしたいと考えている方は多いのではないでしょうか?

国税庁の「民間給与統計調査」によると、日本の平均年収は461万円です。もしあなたの年収がこれを下回るようであれば、是非この記事を読み進めてください。

選択肢はいくつもある中で、年収交渉が得意な「転職エージェント」を利用することが一番年収アップする最短な道のりであると思います。

そこで今回は、年収500万円以上を目指したい方を対象とした、おすすめの転職エージェント3社をご紹介。転職エージェント紹介だけでなく、年収アップには不可欠なスキルやコツも合わせてご紹介していきます。

年収500万以上狙いたい方向けの転職エージェント3選

年収アップの実績が多数あったり、給与の高い業界に強みを持っていたりする転職エージェントを「キャリアの海 編集部」が厳選しました。

おすすめは以下の3社です。

  • リクルートエージェント
  • type転職エージェント
  • パソナキャリア

なぜ転職エージェントを利用して転職すると、年収500万円を目指すことが出来るのか。これから解説していきます。

転職エージェント利用で年収アップできる3つの理由

転職エージェントを利用することで、3つの年収アップには欠かせないサポートを受けることができます。

履歴書や職務経歴書の添削をして市場価値を上げてくれる

履歴書と職務経歴書は自分の市場価値を判断される重要な資料の1つです。ここをいかにうまくアピールできるかで自分の市場価値は高くも低くもなります。
転職エージェントは客観的な視点からこれまでの経歴を上手く言語化し、まとめてくれます。

僕の場合、主にプロジェクト内容を簡単にしか書くことができず、転職エージェントに添削をお願いしました。自分がどれだけ売り上げに貢献したか、自分が具体的に取り組んできたことなどを書類選考の担当の方に刺さりやすいような表現に変えてもらうことができ、その後の書類通過率は圧倒的に上がったように感じます。

年収アップしやすい業界の最先端の情報を提供してくれる

転職エージェントは、僕たちが収集できないような業界の最先端の情報を保持しています。そのため年収アップを見込める業界も把握しています。
転職エージェントを利用することでアドバイスをもらい、今の年収よりも年収アップが見込める業界を選ぶことが可能になります。

年収アップの交渉をしてくれる

自分でするには難易度が高い給与交渉。お金の話は自分が希望する企業であればあるほど聞きづらいものですよね。

転職エージェントはあなたの代わりに年収交渉を行ってくれます。過去の採用実績を踏まえて、あなたの経歴や希望に見合った年収金額を提案してくれたり、客観的な視点からあなたを売り込んでくれたりするので、とても心強い味方となってくれます。

転職エージェントを複数利用するべき理由

上記を踏まえて、いざ転職エージェントを利用しようと思っても、何社利用すればいいのだろうという疑問が付きまといますよね。

キャリアの海編集部では、転職エージェントは2~3社利用することを推奨しています。

何故なら、求人数を増やして選択の幅を広げたり、様々な視点からのアドバイスを受けて、適切な判断ができたりするなど様々なメリットがあるからです。そのため、これからご紹介する「リクルートエージェント」と「type転職エージェント」、それに「パソナキャリア」はぜひ両方登録してください。

それでは、上記の3社をおすすめする理由を詳しく説明していきます。

転職実績No.1の転職エージェント「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートは業界最大手の転職エージェントで、No.1の実績(37万人以上)を誇っています。

実績が多い、つまり、その分過去の転職データを元に年収アップのノウハウも持ち合わせています。
これまでの転職ノウハウを元に転職活動を進めてくれることで、年収アップの可能性を高めることができます。

こんな年収アップ事例も

まずは会員登録(無料)

転職者の71%を年収アップさせた転職エージェント「type転職エージェント」

type転職エージェント

type転職エージェントは、「利用者の満足度は87%」、「リクナビNEXTエージェントランキング総合満足度第2位」を獲得しています。

そして、転職者の71%の方が年収アップを成功させており、高い確率での年収アップを狙うことが可能です。

サポートエリアが「東京・埼玉・千葉・神奈川」のみなので、いずれかにお住まいの方は必ず登録してください。

こんな年収アップの事例も

まずは会員登録(無料)

オリコン顧客満足度調査第1位、67.1%の方を年収アップさせた「パソナキャリア」

パソナキャリアは、2019年度のオリコン顧客満足度調査において「転職エージェント」第1位を獲得しており、多くの方から支持されています。

67.1%の方が転職後の年収アップに成功しているため、パソナキャリアも必ず登録していただきたい転職エージェントの1つです。

こんな年収アップの事例も

まずは会員登録(無料)

転職で年収アップするための方法。必要なスキルやコツはこれだ

転職エージェントを利用することで、年収アップを狙うことができますが、それ以外にも年収アップできる方法があります。

成功の確率をさらに高めていくためにも以下のことをぜひ実践してみてください

「ビジネスレベルの英語力」で年収アップする

年収アップにおいてビジネスレベルの英語力は必要なスキルの1つです。

キャリアインデックスの調査によると、

年収700万円以上の人は約半数(48.7%)が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答しました。年収500万円から700万円未満の人では34.0%、年収500万円未満では22.4%となり、英語力と年収の明らかな相関が見られる結果となっています。

引用元:PR TIMES

上記の調査からお分かりいただけるように、年収アップするには英語力は必要不可欠です。転職市場で評価されるTOEICのスコアは、700点といわれているので、まずはそこから目指してみましょう。

「資格を取得」して年収アップする

能力は測ることが難しいので、自分の能力を証明する資格が持っておくと年収アップに近づくことができます。自分が転職したい業界の資格はライバルと差別化するためにもしっかりと取っておきましょう。

業界によって取るべき資格は異なりますが、代表的なものを以下に記載しておくので、ぜひ参考にしてみてください。

  • ファイナンシャルプランナー
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 日商簿記2級以上

業界の各工程に関わるキャリアを築く

プロジェクト全体を俯瞰して仕事を進める職種は給料が高い傾向にあります。例を挙げると以下のような職種となります。

  • プロジェクトマネージャ
  • コンサルタント

こういった仕事に就くためには、業界全体の流れを把握しておく必要があるため、各工程においての現場での経験が必要になります。自分が必要な経験を積める職種に転職することを視野に入れることも1つです。

伸びている業界に転職してみる

これから伸びると予想されている業界に挑戦してみるのも選択肢の1つです。急速に伸びている業界はいくつかありますが、個人的にはAIエンジニアに転職することをおすすめします。EY総合研究所の調査によると、2020年のAI市場規模が約23兆円ですが、2030年には約86兆円にまで登るとされています。

IT転職したい人は、AI開発を学べる環境に行くのも1つだと思います。

今日から転職エージェントを活用して、年収アップを狙おう!

給与は自分の仕事のモチベーションを保つための大切な要素です。今の会社で昇進を待つのも選択肢の1つです。

しかし、転職エージェントを利用して転職をすることで、あなたをもっと高く評価してくれる企業もきっとあります。昇進を待つのは、待つことしかできませんが、転職活動はすぐに自分で開始できます。

ご紹介させていただいた転職エージェント2社は無料で5分以内に登録できるので、収入が平均以下の方は、ぜひ今日から転職活動を始めてみてください。

▼リクルートエージェント▼ 

まずは会員登録(無料)

▼Type転職エージェント▼ 

まずは会員登録(無料)

▼パソナキャリア▼

まずは会員登録(無料)

 

監修者によるコメント

給与が仕事のモチベーションになるという場合には、転職することは一つの選択肢です。転職のプロである転職エージェントのアドバイスを聴きながら、自分の市場価値を把握したうえで、どのくらいの年収アップを図るのか、自分なりに目標をもって取り組むことが必要です。そのうえで、年収アップという一つの成果に導くための転職活動戦略を、信頼できる転職エージェントの力を借りて実行に移しましょう。

  • 監修
  • 増田 和芳

プロフィール:
早稲田大学社会科学部卒業後、大手信販会社で営業と債権管理業務を経験。その後、株式会社日本マンパワーへ転職し、大手企業向けのキャリア開発研修やマネジメント研修などの企画営業に従事。営業マネジメントや社内研修制度設計担当などを経験後、営業コンサルティング会社へ転職。営業パーソン向けのスキルアップ研修やマネジメント研修等に約400回程度講師として登壇。また、多くの若手営業パーソンや営業マネージャーのキャリアに係る相談を受けてきた。現在は人材育成コンサルティング業を営む合同会社富士みらいクリエイション代表。

保有資格:
国家資格キャリアコンサルタント
産業カウンセラー
21世紀職業財団ハラスメント防止コンサルタント

pagetop