topTOP 転職ノウハウ 転職したいけど貯金がない20代のあなたへ、お金をかけない転職方法を紹介

転職貯金サムネ

転職したいけど貯金がない20代のあなたへ、お金をかけない転職方法を紹介

転職ノウハウ 2019.11.18

転職活動は基本的にお金がかかるもの。

交通費や飲食費、勉強するための書籍代などや、転職してから給料が入るまでの生活費だって必要です。
そのため、転職する上で貯金があるにこしたことはないのですが、20代の方の中には、貯金がない方も多いのではないでしょうか。

実際、2018年に発表された家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](金融広報中央委員会)によると、20代のうち45.4%の方が金融資産を保有していない(=貯金がない)状態です。

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査] 各種分類別データ(平成30年)「金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)」より作表

では、「転職したいけれど貯金がない」「お金を貯める前にできるだけ早く転職したい」という方は、どうすればいいのでしょうか?

今回は、貯金なしでも転職するための方法や、貯金なしで転職する上でやってはいけないことについて解説します!

※転職の費用を抑えたいなら、転職エージェントを利用するのがおすすめです!
こちらで詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

転職エージェントで転職の費用が浮く!無料の裏側とおすすめ1社

貯金なしで転職するには?

白黒と手と硬貨

転職活動にはお金がかかりますが、転職したいけど貯金がない場合は、転職をあきらめなければならないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません!
以下の3点さえしっかりおさえれば、貯金がなくても転職できますよ!

貯金なし転職の際に考えるべき3要素

  • 何にお金がかかるかを把握する
  • お金をかけず転職活動をする
  • 転職後の生活費を工面する

ちなみに、転職には「今の会社で働きながら転職活動をする」方法と、「今の会社を辞めてから転職活動をする」方法がありますが、貯金がない場合は基本的に前者となります。

生活費を稼ぐ必要があるからです。

前提として仕事を続け、働きながら転職活動をすることになります。

働きながら転職するとき、平日の面接時間は何時に指定すべき?

Step①転職で何にいくらお金がかかるのかを把握する

貯金なしで転職活動をする場合、毎月の生活費の範囲で転職活動をすることになります。

したがって、転職活動で何にいくらお金が必要かをしっかり理解しておくことが大事です。

転職に必要な具体的な費用としては、日頃の生活費や家賃に加え、次のようなものがあります。

転職に必要な費用の6項目

  • 交通費(企業や面接会場、転職フェアやセミナー会場などへの交通費)
  • 宿泊費(遠方の企業を受ける場合に必要)
  • 飲食費(移動先での食事や、時間調整のために入ったカフェ代など)
  • 服飾費(スーツや靴、バッグや腕時計など。クリーニング代も含む)
  • 履歴書代、切手代、証明写真代
  • 転職活動に関する本、雑誌、新聞などの購入費用

では、転職活動には、実際にいくら必要なのでしょうか。

リクナビNEXTが転職活動経験者1,000人を対象に行った調査によると、実際の金額としては、転職活動全体で以下の金額となりました。

  • 在職中転職者平均:36万9,503円
  • 退職後転職者平均:71万3,920円
  • 全体平均:54万3589円

また、内訳としては次のようになりました。

  • 生活費(※):254,000円
  • 家賃(※):240,262円
  • 交際費:53,745円
  • 交通費:36,204円
  • 服飾費:25,059円
  • 書籍、インターネット代:25,053円
  • 雑費(履歴書、郵送料など):15,004円

※生活費、家賃は0円と回答した人を除いて算出

【出典】転職成功のための資金計画:CASE1/リクナビNEXT[転職サイト]

また、転職が決まってからは、以下の費用が追加で必要になる場合もあります。

転職決定後に必要かもしれない追加費用

  • 引っ越し費用(転職先が遠方の場合)
  • 転職先で働くのに必要な物品の購入費用(パソコンや車など)
  • 転職先で働くのに必要な資格・免許の取得費用

もし転職するなら、これらの費用がだいたいどれくらいかかるのか、理解しておいてくださいね。

Step②お金をかけず転職活動をする

転職活動に必要な出費項目をおさえたところで、次はお金をかけずに転職活動をする具体的な方法をチェックしましょう。

遠出はせず近場を攻める

交通費や宿泊費をおさえるためには、遠出せずに近場の会社を攻めることが重要です。

遠方の会社の場合、面接のたびに交通費や、日帰りできない場合は宿泊費が必要となります。

仮に内定がもらえたとしても、引っ越しや家の契約(家賃、敷金、礼金)に多額の費用が必要となるので、近場を攻めるのが効率的ですね。

インターネットをうまく活用する

遠方の会社をどうしても受けたい場合は、SkypeやZoomなどのオンラインビデオ通話アプリを通じ面接を行う「web面接」ができる企業を選ぶなど、インターネットをうまく活用しましょう

Web面接は、地方や海外にある企業を中心に、少しずつ普及し始めているので、あなたが行きたい企業もやってくれるかもしれません。

面接は絞って受ける

多くのセミナーに参加し、たくさんの企業を受け、やりたいことや転職先に求める要件を考える……。

必ずしも悪い転職方法ではありませんが、企業の面接は受ければ受けるだけ、交通費などの転職に必要な費用もかさみます。

お金をかけずに転職活動をする場合は、自己分析や企業研究をしっかり行い、受ける企業の数を絞って選考に進む必要がありますね。

生活コストを下げる

近場の企業を狙い、受ける企業数も絞る……。

このように転職コストを切り詰めたとしても、どうしても転職活動にはお金がかかってしまいます。

そのため、日常の生活コストを下げることも重要です。

具体的には、次のような手段があります。

生活コストを下げる4つの方法

  • 弁当をつくるなど、自炊する
  • 水筒を持参し飲み物を買わないようにする
  • 飲み会や旅行、お金のかかる趣味を控える
  • 携帯のプランを見直す

一方、無理に節約する以外にも、様々な方法でコストを抑えることができます。

場合によっては実際にモノを購入したほうが割安になることも。

たとえば転職活動で必要なスーツ

スーツは一着一着が決して安い金額ではないので、できれば出費をおさえたいですよね。

次のようなサービスを利用し、面接時に必要なスーツをレンタルすることもできます。

スーツレンタル画像

スーツレンタル.com 採用面接・中途採用(メンズ) スーツのことなら、スーツレンタルにお任せ下さい

面接時にしかスーツを使わないのであれば、このようなサービスを利用するのも良いでしょう。
しかし、選考過程のみならず入社後も含めると、都度レンタルするより買った方が割安になることも。

また、インターネットのみだとサイズ合わせに不安が残りますので、実際にお店で身体にフィットするか確かめたほうが無難です。
したがって、少々お金はかかりますが、スーツはレンタルではなく購入しておくことをオススメします。

このように、総合的なコストパフォーマンスを意識しながら、賢く節約をしてみてくださいね。

Step③転職後の生活費を工面する

転職先への内定が決まって喜びもつかの間、今度は転職後の生活費についても考えなければなりません。

とくに注意が必要なのは、「給与が入るタイミング」です。

たとえばあなたが今おつとめの会社が当月の月末払い、転職先の会社が翌月25日払いだとします。
この場合、3月末に退職し、4月1日から転職先で働き始めたとしても、次に給与が入るのは、5月25日。
約2ヶ月も空いてしまうんです。

ここからは、辞めてから転職先の給与が入るまでの間、生活費をどう工面すると良いかについて解説します。

ボーナスをもらってから辞める

ちょっとズルく聞こえるかもしれませんが、ボーナスをもらってから辞めるのは、あなたにとって賢い選択です。

転職タイミングを調整できるのであれば、ボーナスをもらってから退職できるようにすると良いでしょう。

バイトや副業で生活費を稼ぐ

転職先の給与が入るまでの間だけ、短期のアルバイトや副業に手を出すのもひとつの手です。

たとえば、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用すれば、すぐに副業を始めることができます。

ただし、本業の規定はしっかり確認し抵触しないようにすることと、本業の仕事に支障をきたさないことは必須です。

消費者金融などの融資を使う

当面の生活費を消費者金融から借りる、もしくはクレジットカードのキャッシングを利用するという手段もあります。
メリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 親や家族、友人や知人にお金を借りるよりも人間関係に支障をきたす心配がない
  • バイトなどで時間を費やさなくて良い
  • および数十万円単位のまとまったお金を用意できる

融資を受けるのであれば、転職先が決まる前に消費者金融の審査を通したり、クレジットカードのキャッシング枠を申請したりと、あらかじめ準備しておくとスムーズですよ。

貯金なしで転職するならやってはいけないこと3つ

頭を抱える人とパソコン

ここまで、貯金なしで転職するための具体的な方法を紹介しました。
ここからは反対に、貯金なしで転職する上で「やってはいけないこと」を確認していきしょう。

貯金なし転職でやってはいけないこと

  • 転職先が決まっていないのに退職する
  • 資金繰りを甘く見る
  • 消費者金融をアテにしすぎる

転職先が決まっていないのに退職する

働きながらの転職は時間をつくるのが難しいから、退職してから転職活動したい
仕事を辞めて自分を見つめ直し、今後の自分のキャリアをじっくり考えたい
今の会社がイヤだから、とにかくいますぐ会社を辞めたい

転職をお考えの人の中には、このように、退職してから転職活動したいと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、貯金がない方の場合、転職先が決まっていない状態で退職することはオススメしません
思うように転職先が見つからない場合、生活費が底をつき、困窮してしまうことにもなりかねないからです。

働きながら転職活動をするのではなく、まずは今の会社を退職したい人は、あきらめて少しずつ貯金をしてください。
この場合、少なくとも数ヶ月、できれば半年ほど働かなくてもいいくらいの貯金が必要です。

では、具体的な金額としては、いくらくらい必要なのでしょうか。
総務省統計局が2018年に実施した家計調査によると、単身世帯の消費支出は平均1,953,996円となりました。
12で割ると、162,833円
これが、一人暮らしの人が毎月消費する金額の平均です。

退職してから次に給与をもらえるまでの間が3ヶ月であれば、3をかけて488,499円

半年先であれば、976,998円が必要ということになります。

【参考】家計調査 家計収支編 単身世帯 詳細結果表 年次 2018年 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口 表番号9「(品目別支出金額及び購入頻度)単身世帯・勤労者世帯」より

このように、退職してから転職するためには50万から100万単位での貯金が必要となりますが、以下のような給付金をもらえば、より少ない貯金で生活することもできます。

  • 失業保険(失業給付金)をもらう
  • 職業訓練受講給付金をもらう

失業保険については、基本的に退職後3ヶ月経ったあとでないと支給してもらえません。

しかし、退職理由が「会社都合退職」であれば、退職後すぐに失業保険をもらえる場合も。
退職前に人事と相談してくださいね。

【参考】
ハローワークインターネットサービス – 雇用保険手続きのご案内
職業訓練受講給付金(求職者支援制度)

資金繰りを甘く見る

貯金は収入に波があったときのバッファとして使えますが、そのバッファがない分、資金繰りには神経質なくらい注意が必要です。

とくに忘れがちなのが、最終月の給与はほとんどもらえない可能性もあること。

残りの住民税や社会保険料がまとめて天引きされることが多いため、予想よりも給与が少なく、資金繰りに困ってしまうことも。

とくに給与が当月払いの会社におつとめの方は、退職する月には社会保険料が2ヶ月分引かれることもありますので、ご注意くださいね。

消費者金融をアテにしすぎる

このように、貯金がない状態でお金のやりくりに支障がでると、ついつい消費者金融のカードローンやキャッシングを頼りたくなってしまいます。

ですが、これは本当に注意してください。

カードローンやキャッシングは金利も高いですし、ズルズルとお金を借りてしまう「借金グセ」がついてしまい、いつのまにか返せないくらいの金額になってしまうことも。

返済の見通しが立たない場合は利用しない方が吉です。

ご利用は計画的に!

おわりに

木々と小道

転職したくても貯金がない……」そんな方向けに、お金がなくても転職できる方法を紹介しました。

貯金がない分しっかり節約したり、お金のやりくりに慎重になったりする必要はありますが、転職自体は不可能ではありません。

あなたがやりたいことや、築きたいキャリアを、お金を理由にあきらめないでくださいね!

pagetop